魅力的なONEXPLAYER

モンスタークラスのポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER」が今夏登場!!

CPUに第11世代Intel Core i7-1185G7を搭載し、「史上最高峰の性能」を謳う、いわゆるウルトラモバイルPCなのですが、UMPCにしては大きな8.4型のディスプレイ(2,560×1,600ドット)を搭載しており、その両サイドには、ゲームコントローラーを搭載しているのが大きな特徴となっています。

中国One-Netbook Technologyが開発するポータブルゲーミングUMPC「ONEXPLAYER」は、8月下旬に日本国内で発売されるようで、その価格は14万6,300円から。

いや、欲しいですね・・・。

これまでも、コントローラーを着脱できる「OneGx1」「OneGx1 Pro」があったのですが、コントローラー一体型ともなると、もはやPCというよりもゲーム機ですよね。

ブラックとオレンジのツートンカラーで、その外観も今どきのゲーミングPCさながらですし、背面には、最大65度のキックスタンドがついているうえ、2本の銅管パイプと2つの冷却ファンを搭載しすることにより、パフォーマンスの低下を防ぐことができるようです。

また、今回の販売では、CPUとストレージの違いにより、5つのモデルが用意されているのだそうで、さらには別売りで4096段階の筆圧検知対応のタッチペンと、QWERTY英語配列マグネットキーボードも販売されるようです。

いずれもメモリは16GB、OSはWindows 10 Homeが基本仕様となっていて、

「ONEXS-B10」は、CPUがCore i5-1135G7(4コア/8スレッド、2.4~4.2GHz)、16GBメモリー、512GB SSDで先行予約価格が13万1670円、通常価格が14万6300円。

「ONEXS-B5」がストレージの容量が1TBになり、先行予約価格が13万6620円、通常価格が15万1800円。

「ONEXP-B10」は、CPUがCore i7-1165G7(4コア/8スレッド、2.8~4.7GHz)になり、ストレージが1TBで先行予約価格14万9490円、通常価格が16万6100円。

「ONEXU-B20」は、CPUがCore i7-1185G7で、ストレージが1TB SSDで先行予約価格17万8200円、通常価格が19万9800円。

「ONEXU-B10」はストレージが2TB SSDになり先行予約価格21万5820円、通常価格が23万9800円となる。

むむむ、これは悩みますねぇ。

値段を考えるとデスクトップのゲーミングPCを買ったほうがいいのか、手軽にどこでもゲームできるこちらのほうがいいのか、難しいところですね。

値段が値段だけに、これは慎重に、購入したユーザの感想を待ったほうがいいのかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です