押井守のサブぃカルチャー70年

投稿者:

TV Bros.WEBで好評を博した連載に加筆して待望の書籍化!カバー・挿絵は人気アニメーター&監督の梅津泰臣描きおろし。

押井守のサブぃカルチャー70年

押井守のサブぃカルチャー70年

「昭和の白黒テレビ」から「令和のYouTube」まで。
監督・押井守がエンタメ人生70年を語り尽くす!

  • 発売:2022年05月02日
  • 定価:1,870円(本体1,700円)

1951年生まれの監督押井守が、ほぼ初めてふれたエンタテインメントだと語る「赤胴鈴之助」から、現在ハマっているというYouTubeまで、約70年にわたって親しんできた映画、TVシリーズ、漫画、アニメなどをその思い出とともに振り返りつつ、戦後日本がエンタテインメントを通じて何を表現し、社会を映し出してきたのかを語ります。

目次

ことのはじまり。

第一章 『赤胴鈴之助』から『機動戦士ガンダム』まで

  • 『赤胴鈴之助』の巻
  • 宣弘社の巻
  • 石ノ森章太郎の巻
  • 『エイトマン』の巻
  • オマケの巻
  • 『ミステリー・ゾーン』の巻
  • 円谷プロダクションの巻
  • 『機動戦士ガンダム』の巻

第二章 『名犬リンチンチン』から『謎の円盤UFO』まで

  • 海外ドラマの巻
  • 『プリズナーNo.6 』の巻
  • ジェリー・アンダーソンの巻

第三章 モーツァルトから川井憲次まで

  • 音楽の巻

第四章 『少年』から『ビッグコミック』まで

  • 漫画雑誌の巻

第五章 『たっちゃんねる』と『Fラン大学就職チャンネル』

  • YouTube の巻

押井守×梅津泰臣 あとがき対談