資金調達・ファクタリングのことならハートフルライフ

資金調達・ファクタリングのことならハートフルライフ

資金調達サービス

資金調達

資金調達とは個人法人を問わず、事業を行うにあたって、設備投資、法人の創業時や日々の運転財源等、企業が活動するために必要な財源を外部から得る手段のことをいいます。

電卓とノート

法人の資金調達手段というと真っ先に銀行融資が思い浮かびますが、その他にも保証協会付融資、制度融資、日本政策金融公庫、リース、不動産担保ローン、売掛金債権担保ローン、ファクタリング、助成金、ベンチャーキャピタルなど様々な手段があります。

このような多種多様な資金調達の手段の中で、お客様の資金繰り状況にとって最適な方法やその組み合わせは異なりますが、いずれにしても、事業計画や返済計画をしっかりと組み立てることは、企業として中長期的・多角的な視点から成長戦略を練り上げるためには重要なことであり、投資をする価値があると金融機関に認めてもらうことが重要となります。

2つの資金調達方法

資金を調達する方法は大きく分けると、エクイティ・ファイナンスとデット・ファイナンスの二つの方法があります。

エクイティファイナンスは、新株発行を伴う資金調達のことで、株式の発行を伴わない資金調達のことを「デットファイナンス」といいます。

エクイティファイナンス

エクイティとは、英語表記で「equity」のことで日本語にすると「株主資本」で、新株・新株予約権・新株予約権付社債などの発行により資金調達を行う方法で、大きくわけると「直接調達」と「間接調達」がある。

エクイティファイナンスによって調達した資金は、バランスシート(貸借対照表)において資本の部に入ります。

デットファイナンス

銀行借入や債券発行といった負債による資金調達のことで、借入金融ともいう。

返済義務があり、これにより調達した資金はバランスシートの負債の部に入るのですが、この方法は、企業にとって最も一般的な資金調達方法になっています。

レバレッジ効果を期待できるが、財務面の安全性に不安を残すことに。

資金調達に関して、このような方はご連絡ください。

資金調達は、2~3日、1週間でできるものではなく、銀行や政府軽金融機関では融資を申し込んでから、融資されるまで3週間から1ヶ月かかるなんてことはザラですし、新規での取引であれば、もっと長い期間を要することになります。

早急な資金繰りでお困りであれば、ハートフルライフ協会にご相談ください。

  • 収入より支出が多い、いわゆるキャッシュが赤字の状態
  • 収入より支払いが先に来てしまい、帳簿上利益が出ているのに資金繰りがなぜか厳しい
  • 今、取引をしている銀行や公的機関との交渉がうまくいかない
  • 黒字だが、先を見据えて黒字のうちに、良い条件で資金調達をしておきたい
  • 前期の決算では赤字だったが、今期は黒字にして銀行融資を受けたい
  • 起業して新規ビジネスを立ち上げ新サービスを提供したいので、銀行からの融資や助成金による資金調達を受けたい
  • メインバンクや取引先に分からないように資金を引きたい

企業が資金調達に最も困りやすいのは、不景気な時期であったり、長期的に低迷しているなどの理由が考えられるのですが、最も資金調達に苦しむのは金融危機だと言われています。

中小零細企業の場合、どうしても先行投資型の企業が多くなってしまうのですが、残念なことに資本が少ないという問題があり、十分な設備投資や仕入にお金を回すことができません。

そんなに素晴らしいアイディアがあったとしても、資金調達、資金繰りがうまく行かなければ、事業を拡大させていくことは、なかなか難しいものなのです。

資金調達サービスの3つの特長

特長1.元銀行員だから承認されやすい事業計画書・決算書を作成できる。
銀行は決算書のどこを見て、融資の判断を行うのでしょうか。 銀行融資が行えないのはなぜなのでしょうか。そこにはポイントがあり、そのポイントを踏まえ、元銀行員の視点から最適な提案を致します。
特長2.元会計事務所員の経験があるから、資金を調達しやすい事業計画書・決算書を作成できる。
会計や税務のこともお任せください。ハートフルライフで全て完結(提携の税理士が税務を担当致します)。 資金調達を見据えた決算対策の提案も行っており、納税を意識したキャッシュフローも組み立てていきます。
特長3.迅速・確実な資金調達。過去の融資総額40億200件の実績があります。
ハートフルライフは業歴17年の老舗財務コンサルティング会社で、おかげ様で、これまで沢山のお客様の笑顔に出会うことができました。これからも弊社独自のネットワークを活用し、御社にとって最適なプランを実行できるよう努力していく所存です。
ヒト、モノ、カネの経営3要素、そして情報。 これらは経営学においては「経営資源」と呼ばれており、企業はこれらの経営資源を使い、何らかの価値を生み出し、お金に変えていきます。

資金調達の流れ

資金調達の流れを分かりやすくご説明いたします。

STEP.01

決算書のご提出・分析・銀行へ打診

決算書のご提出・分析・銀行へ打診

まずは決算書をご提出いただき、ヒアリングをさせていただきながら分析を進めていきます。

また、初めてファクタリング利用をご検討いただくお客様には、ファクタリングについての詳細とご利用される場合のメリット、デメリットなどを詳細にご説明させて頂きます。

STEP.02

STEP.02

担当コンサルとの打合せ

こちらからの資金調達プランだけでなく、経営者様のお考えや財務のお悩みもお伺いいたします。

今ある売掛金やその売掛先となる取引先などの確認、また希望額や期日などをヒアリングさせていただくこともあります。

STEP.03

STEP.03

弊社の紹介で金融機関に申込み

弊社の過去の資金調達実績から構築した独自のネットワークで適切な金融機関をご紹介いたします。

STEP.04

STEP.04

金融機関との折衝

元銀行員の経験を生かし、金融機関の担当者との交渉を補助いたします。

STEP.05

STEP.05

資金調達の実行

無事融資が実行されるまでの様々な契約手続きなどを、ハートフルライフが全面的に支援いたします。

企業成長のために

会社はキャッシュが無くなれば潰れてしまいます。
資金調達することなく、思い描いた理想通りの会社に成長させることができればいいのですが、資金調達を一切しなくて成長できる企業なんて、一握りです。

これからの経営者は、資金調達に関しても広く多角的な視点を持ち、事業の可能性を広げようとするマインドを持ち続けることは、とても大切なことです。

資金の重要性

資金を生むためには、企業努力によって利益を追求していくほかありませんし、その利益がなければ、最終的に資金は不足してしまいます。

当たり前のことのようですが、これこそが難しく、国税庁の発表にもある通り、日本の法人企業の73%は赤字経営となっており、借入金によってどうにか事業を行っているというのが現状です。

とはいえ、借入金の返済において、利益償還できていればいいのですが、財政状況が苦しくなると利益償還できなくなってしまい、どうしても資金繰り償還へと陥りやすくなります。

資金繰り悪化の原因としては、利益減少や売上債権の回収遅れ、在庫増加、過大な設備投資、無計画な借入等がありますから、極力、運転資金を借りずに済むよう財務改善を行っていきたいものです。