資金調達・ファクタリングのことならハートフルライフ

資金調達・ファクタリングのことならハートフルライフ

よくあるご質問

よくある質問をまとめています。

  • ファクタリングって何ですか?

    ファクタリングというのは「売掛債権の売買による資金調達方法」で、企業が事業資金を調達する方法の一つです。

    企業の持つ売掛金や受取手形などを売却することによって、売掛金を早期資金化することができます。

  • どのような売掛金をファクタリングできますか?

    遅延されていない通常の商取引はすべて対象になります。まずはご相談ください。

  • 既に支払期限が過ぎている売掛金は取扱い出来ませんか?

    基本的には遅延してしまった売掛債権につきましては取扱いできませんが契約が伸びてしまった先方が支払わないなど、まずはご相談ください。

  • 新設法人ですが対応できますか

    新設法人であっても利用はできます。丁寧にご対応致します。

  • 債務超過、税金滞納があるんですが対応できますか

    債務超過、税金滞納でもあっても対応の方はできます。ご相談いたしますのでお問い合わせください。

  • 業種について制限がありますか

    業種については特に制限はありません。

  • 銀行、ビジネスローンに融資が断られても利用することはできますか

    勿論、ご利用頂けます。ファクタリングサービスは売掛先様の内容が重要になります。

  • 赤字決算でも大丈夫でしょうか

    問題なくご利用いただけます。
    過去の財務内容だけでなく現状の商売状況を確認させていただき審査させていただいております。

  • 個人事業者でも問題ありませんか

    問題ありません。個人、法人を問わずご利用いただけます。 新規事業や新設したばかりの法人さまでも開業資金、運転資金のご相談も承っています。

  • プライバシーは守られますか

    ご安心ください!お客様からお預かり様々な書類及びプライバシーは厳守いたします。 個人情報保護法に基づき、徹底した管理の上厳守いたしますので安心ください。

  • 他のファクタリングも利用していますが、併用はできますか?

    問題ありません。まずはご相談ください。

上記に記載されてないご質問などがありましたらお電話やメールでご気軽にご連絡、ご質問ください。

企業が利用することができる資金調達の方法

企業の資金調達には様々な方法があり、一般的な資金調達の方法は、銀行などから融資を受ける方法です。

しかし、銀行は実績がないと、申し込みをしても融資をしてくれませんし、全く実績のない起業直後の状態では、融資を受けることはほぼ不可能でしょう。

銀行より比較的ハードルが低いのは、地域の信用金庫で、実績がない起業直後は難しいものの、それ以外なら融資を受けられる可能性は高くなっており、様々な情報提供もしてもらえるので、新たなビジネスが生まれる可能性もあります。

起業直後でも資金調達の方法として利用しやすいのは、自治体の制度融資で創業前に申し込みできたり、無担保・無保証で利用できたり、利息や保証料の一部を補助する自治体もあります。

他の資金調達方法に比べると、有利な条件で融資を受けることができることに加え、経営相談にも応じてくれるので起業直後には魅力的ですので、起業直後にもう一つ検討したい方法は、創業融資です。

公的機関が行う創業融資も、起業をしたい人々には有利な資金調達方法と言え、銀行や信用金庫から融資を受けられる実績がないなら、まずは制度融資や創業融資を利用しましょう。

銀行や様々な制度を利用して融資を受ける以外にも、個人で資金調達をする方法もあり、
一般的なのは消費者金融などのキャッシングとなります。

消費者金融のキャッシングは少額融資のイメージが強いですが、場合によっては100万円以上の金額を借りることもできますし、使いみちは自由なので企業の事業資金に使えますし、審査も速いので即日でお金を用意することも可能です。

ただし、キャッシングの金利は高額ですから、返済の負担は大きくなってしまうことが唯一のデメリットとなります。

ですので、キャッシングを利用し個人で資金調達をするのは、最終的な手段や緊急時のみに留めておくべきでしょう。

とにもかくにも企業が資金調達をしたいときは、メリットやデメリットを考えながら、その場その場で最適な方法を選びましょう。